行政書士in富士山麓

静岡県富士宮市の行政書士事務所の業務日誌です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

産廃委託契約書に貼る印紙について

産業廃棄物の収集運搬業の許可を新規で取る場合には、契約書を付ける必要はありませんが、更新時には、契約書を添付しなければなりません。まあ、更新の許可申請に必要と言うよりは、収集運搬業をするためには、必ず契約書を交わさなければいけないので、添付するのは当然といえば当然ですね。

で、この契約書を作成するにあたって、頭を悩ませることの一つが、印紙の額ではないでしょうか?

大阪府産業廃棄物協会のHPに詳しい説明がありました。

「収集運搬委託契約書【標準様式1】は課税物件表の第1号の4文書(運送契約書)、処分委託契約書【標準様式2】は課税物件表の第2号文書(請負に関する契約書)に該当します。また収集運搬・処分委託契約書【標準様式3】は課税物件表の第1号の4文書に該当しますが、収集運搬料金と処分料金が区分して記載されている場合には、双方のうち、高い金額の方の文書として取り扱います。」

ということです。詳しくは大阪府産業廃棄物協会のHPをご覧下さいね。

事務所のHPもご覧下さい。





スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。