FC2ブログ

行政書士in富士山麓

静岡県富士宮市の行政書士事務所の業務日誌です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

建設業の許可

建設業をお仕事にされている方は多いでしょうが、建設業の許可に関しては色々な規制や条件があって、なかなか面倒なのが現状です。

_1090705_1090705 / psycho.mato


まず、どんな場合に許可が必要なのでしょうか。

建設業法では、建設業を営む者は、建設業許可を受けなければならないと定めています。
だだし、「小規模な工事」のみを請負って営業する場合には、建設業許可を受けなくてもよいとされています。

 では、「小規模な工事」とはどんな工事でしょうか。それは、以下の様な工事のことを言います。

① 建築一式工事については、工事1件の請負代金が1,500万円未満の工事

② 延べ面積が150㎡未満の木造住宅工事

③ 建築一式工事以外の建設工事については、工事1件の請負代金が500万円未満の工事


この範囲に収まれば、建設業の許可がなくても建設工事はできます。

でも、いつ500万円以上の工事が舞い込んでくるかはわかりませんよね。そういった場合に許可がなければ、下請けとし請け負うこともできずチャンスをみすみす棒に振ってしまうことになります。

最近は、コンプライアンスの問題もあって元請けの業者さんも建設業の許可をもっていない業者には下請を出さない傾向があります。

また、事業を拡大するために金融機関から借入をしたい場合にも、建設業の許可がないと貸してくれないことも多くなっています。

何時必要になってもいいように、許可申請の準備はしておいたほうがいいと思われます。

建設業のご用命は、是非当事務所へ。

中津川行政書士事務所
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。